とっても面白いゲームを考え付いたけど、さてどうしよう?
Creators Project

ゲーム作家「武田直之」 2016/5/18 NewUp
武田直之(たけだ なおゆき)
1987年生まれ、徳島県在住
ボードゲームに関わらず様々なゲームを自主制作中。
制作したゲーム:「NYRK」「ダイヤの箱」
連絡用アドレス s8t36n1@yahoo.co.jp

簡単に言えば6目並べゲームです。 プレーは簡単です。自分の駒を空きスペースに移動するか、その場で回転するかです。とてもパズル感覚なゲームです。
上級者になれば、駒配置からプレーするとさらに奥の深いプレーが楽しめます。

ちなみにゲーム名「NYRK」(ニーク)はゲームのベースとなっている数字2,4,6,9をイメージしてつけられています。
お薦めゲームです。

NYRK 13×13cmボード 3,000円+消費税

基本の初期配置

NYRK(ニーク)ルール
プレー人数:2人 プレー時間:3〜15分

ゲームの概要:
ボードに初期配置された自分の駒を移動または回転させて、駒にプリントされた白青同色の丸6個を 直線状に並べるか、または際の目の6にお形に配置するゲームです。

ボード:
3×3マスボード。ボードにプリントされた通りに駒を8か所に初期配置します。

駒:
白色青色駒を先手後手各々4個 4個の駒には白丸青丸が全て異なる配置でプリントされています。

プレー手順:
ダイスやジャンケンなど適当な方法で先手後手と自分の駒色を決めます。
手番は先手後手順番に1手ずつ行います。
手番でできることは下記の1,2いづれかです。ただし1の回転は2手番続けて行うことは出来ません。
1:自色の任意の駒1個をその場で回転させる。
2:自色の任意の駒1個をボード上の空きマスに回転させずに移動する。

勝敗:
手番終了時に敵味方の駒色に関わりなく以下のいづれかが完成していれば勝ちとなります。
1:駒にプリントされた白色または青色丸のみで縦横斜の直線状に6個並ぶ。
2:駒にプリントされた白色または青色丸のみで2×3の塊(賽の目の6)を作る。


注文フォーム



LOGY GAMES TOP に戻る

All rights reserved by Mitsuo Yamamoto and Gift Box Co.,Ltd